推理ドラマ映画「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」のあらすじと感想と評価

忌まわしい、あぁ忌まわしい。

時は待ってくれません。

以前に紹介したドラマ「SHERLOCK/シャーロック」の劇場版が公開されました。

自分まだ、シーズン1の途中までしか見ていないのに…

全部見てからだと公開が終わってしまいそうなので、忌まわしながらも早速劇場に足を運んできました。

そして超偶然なことに劇場版「SHERLOCK/シャーロック」の副題も「忌まわしき花嫁」

ああ、なんて忌まわしい。

「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」 あらすじ

「SHERLOCK/シャーロック」と言ったら、「もしもシャーロックホームズが現代に存在したら」という題材で有名ですが、今回ばかりは違います。

今作は「もしもSHERLOCKの二人が、ヴィクトリア朝時代で謎解きを始めたら」というテーマでの制作です。

つまりある種おなじみの「シャーロックホームズ」に近づいたのが今作の特徴とも言えます。

ヴィクトリア朝時代という背景もジャストですから。

ただ、主演のカンバーバッチも言う通り、設定がバカげています。

タイムトラベルものかと。

しかし「なぜ彼らがその時代にいるのか」と予想することを含め、楽しんでいただけるのではないかと思います。

それを踏まえ、どうぞ「忌まわしき花嫁事件」の推理をシャーロックともに考えましょうぞ。

位置づけ

今作の位置づけをちょっと説明しておきましょう。

本特別編はシーズン3とこれから放送されるシーズン4のつなぎ役とされています。

ですからシーズン3までをしっかりと予習した上で観るといいでしょう。

少なくともシーズン1のエピソード1は必ず見ておきたいところ。

でないと「誰これ?」となりますし、シーズン作品に対するリスペクト描写をスルーしてしまう可能性があるでしょう。

もっとも本作自体はシーズンを全て見ていなくても楽しめますが、全部見てからの方が楽しめることは言うまでもありません。

せめて主役の二人をしっかりと予習していきましょう。

感想と評価

「シーズンを全部観ていれば、もっと楽しいはず!そうだよね?」

というのが率直な感想です。

そして本作は実のところ日本だけが劇場公開という「ビジネスの香りプンプン作品」ですが、やっぱりドラマクオリティは否めません。

(といってもそこらへんの映画よりかは断然ハイクオリティなのですが…)

それを隠すかのごとく本編前後の特典映像。

「ドラマとして家のテレビで見ればいいかな」という感覚がどうしても拭えません。

ただ、それでも「映画」として成立させてしまう「SHERLOCK/シャーロック」クオリティはさすがといったところ。

ではドラマクオリティを映画にさせてしまう秘訣は一体何なのでしょうか。

言うまでもありません。

それが

ベネディクト・カンバーバッチという男

の魅力なのです。

「SHERLOCK/シャーロック」のシーズンを見ていなくても、ベネディクトという男は必ず観ていくようにしましょう。

うまいこと言いましたが、わけわかりませんね。

まるでわけわからないけどかっこいいベネディクト・カンバーバッチのようです。

動画配信サービス比較まとめ!映画見放題!一番のおすすめはコレだ!

世界初の性別適合手術を決意した人間の実話映画「リリーのすべて」のあらすじと感想と評価

コンチワ!コンチワ!コンチワ!

「もしも愛する旦那や彼氏が他の男とキスをして興奮していたらどう受け入れますか?」

この答えがちょっぴり聴きたくなるそんな映画です。

「リリーのすべて/The Danish Girl」
公開日(日本) 2016年3月18日 
上映時間 120分
監督 トム・フーパー
主演 エディ・レッドメイン
助演 アリシア・ヴィカンダー
アカデミー賞2016 助演女優賞(アリシア・ヴィカンダー)
年齢制限 R15+

「リリーのすべて」あらすじ

1926年、デンマークの首都コペンハーゲン。

仲良く暮らす結婚6年目の二人の画家夫婦がいました。

ある日のこと、妻のゲルダは旦那のアイナーにお願いします。

「モデルが急遽来れなくなったから代わりに足元のモデルをやってくれない?」

そして妻、ゲルダの要求は徐々にエスカレートしていきます。

最終的にシルキーでやわらかな手触りのドレスを渡されたアイナーは、一度は拒否するも、完全に拒みきれない自分を発見してしまうのでした。

そこに当初のモデルが遅れて到着し、女装した彼を見て、ふとこう言います。

「あら、リリー。綺麗ね」

またある日のこと、今度は遊び心半ばで、妻のゲルダは「ゲーム」をアイナーに提案します。

「舞踏会に行きたくないの?だったらいいことを思いついたわ。リリーで行くってのはどう?」

こうして半ばおふざけで生まれたリリーという存在が徐々にアイナーという存在をかき消し始めるのでした…

「リリーのすべて」は実話映画

原作があります。

この原作はリリーが実際に書いていたと言われる日記をもとに執筆されました。

「世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語」

この原作のタイトルがこの映画のほとんどすべてを物語っています。

というのも、性に悩む男の話だけではなく同時に、愛する夫の妻としての葛藤も描かれているからです。

愛する「妻」もリリーのすべてのうちの一つだったに違いありません。

また原作を探しているうちに以下の作品も見つかりました。

こちらは映画をノベライズしたものですから若干、脚色が入っているでしょう。

実際、原作と映画ではキャスティングの関係もあり、結婚から性別適合手術までの期間が異なっているそうです。

登場人物

リリー/アイナー(演:エディ・レッドメイン)

リリーとアイナーを描いたのは、今をときめくエディ・レッドメイン。

他には「レ・ミゼラブル」や「博士と彼女のセオリー」に出演しています。

普段の甘いフェイスと本作のキャスティングは無関係ではなさそうです。

また実際のモデルを知りたい方は以下のWikipediaを参照ください。

かなりのネタバレを含みますので、これからの方はお控えを。

ゲルダ(演:アリシア・ヴィキャンデル)

本作でアカデミー賞を受賞した話題沸騰の女優。

男まさりというかなんというか、勝気な女性を見事に演じてくれました。

旦那が別の性に目覚める過程での自然さは彼女の演技があったからこそだと思います。

私はこの女優を知りませんでしたが、どうやらスウェーデン出身の女優とのこと。

無名(日本でだけかもしれませんが)のスウェーデン女優がアメリカのアカデミー賞をとってしまうのですから、実力は計り知れません。

「リリーのすべて」感想 

「自分もいつ同性愛に目覚めるか分からない」

見ていてそのような気分になりました。

私は誰しも自分の中には同性愛の部分が少なくとも0.00001%あると思っていますが、この映画ではそのわずかな数字がズキズキと刺激されます。

「俺は絶対にない」と思っている人でもわかりませんよ、本当に。

そしてもう一つ気になるのが、冒頭でもお話しした通り、

「もしも、自分の愛する旦那や彼が同性愛に目覚めたらどう受け入れるのか」ということ。

女性はあっさり捨ててしまうのか、それとも葛藤を感じてしまうのか、どちらでしょうか。

これまで大好きだった同じ人間だからこそ、その反応が気になるところです。

あぁ恋愛って難しい。

相手の一体どこが好きなのでしょうかね。

王道タイムスリップ映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)」のあらすじと感想!ロバート・ゼメキス作

「ザ・ウォーク」の公開を記念して、こちらの作品を鑑賞しました。

ロバート・ゼメキス監督 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)」

1985年に公開された本作品。

なぜ今なのか。

それは今週末公開される「ザ・ウォーク」と同じロバート・ゼメキス監督の作品だから。

製作総指揮「スティーブン・スピルバーグ」

監督「ロバート・ゼメキス」

が贈るSF超大作にタイムスリップ!

タイムスリップ映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)」のあらすじ

知ってはいるものの、まじまじと見た事がないという人は多いのではないでしょうか。

ストーリーの時は公開年と同じくして1985年。

変わった科学者のエメット・ブラウン博士、通称ドクは車型のタイムマシーンを完成させるのでした。

その車型のタイムマシン、通称「デロリアン」は時速140kmを超えると、設定した時代にタイムスリップする事ができます。

そのタイムスリップを証明しようと、手伝いに呼んだのがこの映画の主人公「マーティ・マクフライ」

高校生です。

タイムスリップという世紀の大実験が成功するや否や、事件が発生します。

博士がタイムマシンに必要なプルトニウムを調達した事により、彼らはテロリストによって襲撃されてしまうのです。

銃撃され、倒れる博士。

逃げるマーティ。

「デロリアン」の速度は140km/h越えています。

気がつくとそこはなんと30年前の1955年。

父と母が結婚する前です。

若き頃の父と母によって様々なトラブルに巻き込まれる「未来の息子」

しかもマーティーは燃料切れによって未来に戻れません。

そこで頼れるのは、ただ一人。

マーティーは若き頃の博士「ドク」を訪ねるのでした・・・

「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)」の感想

ストーリー

もはやこれぞ温故知新。

このシンプルなストーリーから様々なヒントを得た作品は多いのではないでしょうか。

タイムスリップするというネタ自体に斬新さはありません。

しかしそれを言い換えるなら、「洗練されている」と言えます。

無駄のないテンポ、ドキドキハラハラの演出、期待を裏切らないフリとオチ。

どれもとてもシンプルですが、非の打ち所がありません。

キャスト

マイケル・J・フォックス

高校生の主人公「マーティ・マクフライ」を演じます。

「マイケル・J・フォックス」という名を聞いたことのある人は多いのでは?

クリストファー・ロイド

エメット・ブラウン博士、通称ドクを演じています。

音楽

ストーリーを彩るBGMだけでなく、タイムマシンから奏でられる音はさすがとしか言いようがありません。

未来を連想するような創造的な音のイメージが聞こえます。

アカデミー賞「音響編集部門」受賞も納得です。

リドリー・スコット監督映画「グラディエーター」のあらすじと感想!おすすめ古代ローマ帝国映画です!

今回ご紹介する映画は、古代ローマ帝国を舞台にしたスペクタクル超大作です。

2000年度のアカデミー賞で作品賞ほか5部門を受賞しています。

映画「オデッセイ」と「グラディエーター」は同じリドリー・スコット監督によるもの。

「オデッセイ」もまた2016年度アカデミー賞にノミネートされています。

さて、そんなアカデミー賞常連の監督が創る「グラディエーター」は一体どんなストーリーなのでしょうか。

私は大泣きです。

「グラディエーター」あらすじ

主人公はローマ軍将軍の「マキシマム」

皇帝のアウレリウスとローマに忠誠を誓う、汚れのない清い心を持った人物です。

皇帝はそんな純粋無垢な心を評価し、異例の次期皇帝として任命します。

なぜ異例なのか。

それは皇帝自身に皇太子という存在がいながらも血縁のないマキシマムを選んでしまったからです。

それを聞き兼ねた皇太子コモドゥスはその捻くれた邪悪な心から驚きの行動に出ます。

父である皇帝を殺し、マキシマムを反逆の罪で処刑を言い渡すのです。

とはいえ、マキシマムは最強の将軍。

簡単に処刑することなどできません。

マキシマムは深傷を負いながらも処刑から逃れ、自身の故郷に帰ることに成功します。

しかし故郷で目にした光景は、とてつもなく恐ろしいものでした。

村はなく、妻と子供は焼かれ吊るし上げにされているのです。

心身ともに疲労困憊のマキシマムはその場で倒れてしまいます・・・

目が覚めると、マキシマムの周りにいたのは奴隷たち。

そう、マキシマムは人身売買にかけられ奴隷となってしまいます。

しかも普通の奴隷ではありません。

文字どおり命を賭けて闘う奴隷戦士だったのです。

「グラディエーター(剣闘士)」として、闘うことを余儀なくされるマキシマム。

彼の復讐劇が始まります。

「グラディエーター」感想

154分という長めの映画ですが、退屈と感じることは皆無です。

ストーリーが濃厚すぎて、思わず画面に釘付けになってしまいました。

将軍が国の英雄となり、国の英雄が奴隷となり、奴隷が最強の剣闘士となり、文字にするだけでも濃厚さがわかるとおもいます。

マキシマムの這い上がる様には誰もが応援したくなってしまうでしょう。

しかも常に命懸けですから、見ていてヒヤヒヤさせられます。

また2000年に公開された映画ですが、古臭さは一切感じさせません。

むしろ古代ローマ帝国を舞台にした歴史映画ということを忘れてしまうくらいです。

ああ、ぜひこの超大作を映画館で観たかった。

部屋の小さな画面で泣けたのなんて初めてです。

「グラディエーター」 メインキャスト

ラッセル・クロウ

マキシマムを演じたのが彼。

「ラッセルクロウ」

ニュージーランド出身の俳優です。

一度は誰しも聞いたことがあるでしょう。

ホアキン・フェニックス

憎きコモドゥスを演じてくれました。

邪悪な心がヒシヒシと伝わる怪演です。

ちなみに兄は名作映画「スタンド・バイ・ミー」に出演したことで有名な「リバー・フェニックス」

兄には先立たれてしまいましたが・・・

リドリー・スコット監督映画「グラディエーター」の評価

歴代最高得点をつけました。

ストーリー、演技、音楽、どれをとっても非の打ち所がありません。

こんな名作を見てしまったからには新作の「オデッセイ」が非常に楽しみですね。

しかも私の尊敬してやまない「マット・デイモン」主演ですから余計に期待が湧きます。

この作品が気になる方は是非、ムビチケで安く見ましょう。

Amazonで購入できてとっても便利です。

また「グラディエーター」は現在、Amazonプライムビデオにて見放題です。

残念ながら他の動画配信サービスにはありませんでした。

無料体験がてらに是非ご覧になってください。

動画配信サービス視聴におすすめのスマホ立て!もう置き場所に困らない!

昼食などの隙間時間にはスマホで海外ドラマを観ています。

その際、マグカップや麦茶の容器、ペットボトルにスマホを立てかけていたのですが

ズドン!

それともおさらば。

専用のスマホ立て、いわゆるスマホスタンドを購入しました。

これでもうスマホの置き場所には困りません。

それにしてもスマホ置きってかなり豊富な種類があるんですね…

おすすめをまとめていきます。

角度調整したい方におすすめ!「Anker コンパクトマルチアングルスタンド」

バッテリーメーカーとして有名なAnkerからスマホ立てが発売されています。

主な特徴は角度調節が可能というところ。

動画をくつろいで観ることが多い方にはぴったりでしょう。

ケースを付けたままでも内側のパッドを外せば、横幅1.4cmまで可能とのこと。

角度から互換性まで至れり尽くせりですね。

おしゃれなスマホ立て「LOE(ロエ)」

おしゃれ度で言ったらナンバーワンです。

まず色が3種類あるというのもその理由の一つ。

Gold,Silver,Blackの3色です。

ぜひ、スマホの色と同系色にしたいところでしょう。

またデザインも画期的です。

上の写真のように、付属のフックを使ったり、使わなかったりできます。

フックなしでも大丈夫です。

ヤモリの足の構造を利用した粘着パッドが超強力なんですって。

わざわざフックに掛けるのも手間ですから、一石二鳥ですね。

もっとも、スマホケースの種類によってはフックを利用することになりそうです。

シンプルイズベスト「Spinido®TiTop Series」

こちらの商品は角度調節もできなければ、ヤモリの足のような画期的デザインも兼ね備えていません。

ではなぜ、私はこの商品を選んだのか。

それはセールをやっていて、さらにポイント還元も非常に大きかったから。

参考価格は¥4,980とちょっと割高ですが、実質¥800くらいで購入できました。

元の値段が高い方が何かと安心できるのは言うまでもありません。もちろん心理的な話ですが。

実際、定価の価値があるかどうかは定かではありませんが、いまのところ一切不満はありません。

むしろとてもシンプルな構造であるがゆえに安定感が非常にあります。

またフック部分の幅が非常に広く、あらゆるスマホに対応できることでしょう。

ちなみに私はiPhone6plusに分厚いハードケースを使用していますが、それでもまだ余裕があります。

セール中であれば是非、このスマホ立てにしたいところです。

セール以外であれば最初のどちらかがおすすめです。